最も手軽なワキ汗対策。ピタっと汗を抑え約6か月間持続する

ボトックス注射|銀座長澤クリニック[東京]

銀座長澤クリニック「5つのワキガ・多汗症治療」

ボトックス注射

ボトックス(BOTOX)汗止め注射・多汗症治療の効果

一定期間のみ汗を止めたい方にお勧めの治療です。

わきの下に注射するだけの手軽なわき汗対策で、ダウンタイムや術後制限などなく、手軽にお受けいただける人気の治療です。

永久的な効果をお求めになる方には、切らない「ビューホット」「ミラドライ」「長澤式イナバ法」がお勧めです。

ボトックスによる汗止め注射治療は、発汗を強力に抑制します。
効果の期間は、注射後2~3日経過後効果が表れ、1~3か月後くらいをピークに徐々に効果は薄れていきますが、実感できる期間としてはおよそ6か月前後です。
特別なイベントの予定や汗の多い時期に合わせて汗を止めたい方にお勧めの治療です。

ボトックスとは?

ボトックス注射範囲

ボトックスは、美容医療のしわ取りとして使用される注入薬品として広く知れ渡っておりますが、多汗症においても効果を発揮します。

しわ取り治療では、ボトックスの作用で、筋肉の働きを抑制し表情によって生じるしわを緩和し目立たなくする効果がありますが、エクリン汗腺からの汗の分泌を抑制し、発汗を止める作用があります。

その他、咬筋といってエラの噛む筋肉に注射することで、小顔効果を得たり、ふくらはぎに注射して細くしたりするなど様々な治療に応用されています。


ボトックスが発汗を抑制するメカニズム

ボトックス注射イメージ

わきの下に多く汗をかくメカニズムについては、交感神経や体温調節などが影響して、エクリン汗腺が汗を分泌するのですが、ボトックスは、エクリン汗腺の発汗を強力に抑制する働きがあります。

発汗は、エクリン汗腺周辺の筋組織が収縮することでポンプのような役割をして行われるため、ボトックスをわきの下の皮下に注射・注入するとエクリン汗腺周辺のこの筋組織の働きは抑制され、発汗を止める効果を得ます。


ボトックスの注射範囲

ボトックス注射範囲

わきの下の発汗は、主にわき毛の生える範囲(有毛範囲)に多く、特に下方側に集中しています。

多汗症治療としてボトックスを注入する場合、有毛範囲より一回り広い範囲の全体に行います。

銀座長澤クリニックでは、特に発汗が多い下方側は注入量を増やし、より確実な効果を実現しています。


エクリン汗腺の発汗が抑制され、ワキガの症状も緩和される

ワキガのメカニズムは、アポクリン汗腺からの分泌成分が皮膚表面の常在菌に分解され独特な臭いの元「ワキガ物質」を作り出します。

ワキガ物質そのものは揮発性がほとんどないため、そのままでは空気中に放出される量は少なく、鼻を近づけて臭いを嗅がないとワキガの臭いを強く感じることはあまりありません。

他人がワキガの臭いを感じとるのは、エクリン汗腺の分泌成分(水分が99%以上)がワキガ物質を希釈して、体温で温められ空気中に拡散するからです。

ボトックス汗止め注射の効果によってエクリン汗腺からの汗が止まることにより、ワキガ物質を空気中にまき散らす量も制限されますので、ワキガ症状も軽減する効果を得ることが出来ます。


リピート割引

銀座長澤クリニックでは、ボトックス汗止め注射に「リピート割引制度」を設けています。

リピート割引は、年に一度お受けになる方、イベント毎にお受けになる方など、多くの方にご利用いただいています。

リピート割引の費用については下記「施術費用」をご覧ください。

  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用
銀座長澤クリニック「5つのワキガ・多汗症治療」
メール相談 メール予約
インフォメーション
銀座長澤クリニック 案内地図 googleマップの表示

ページのトップへ戻る