多汗症とワキガの違い

ワキガと多汗症の違いは、汗が分泌される汗腺(エクリン線・アポクリン線)に違いにあります。

多汗症は人の全身に分布しているエクリン線から出る汗で、体温調節に必要な汗の量以上に、汗の量が多くなってしまう状態になります。

精神的に緊張や不安を持つと、手足から多量に発汗する症状の「精神性発汗」と呼ばれるケースが多く見られます。
一般に「汗っかき」と呼ばれるものは、単に汗の量が多いだけですので、多汗症ではありません。
日常生活に支障をきたす場合には、多汗症の疑いがありますので、クリニックに相談されることをお勧めします。

多汗症は、全身に分布されているエクリン線から出る汗なので、特別な臭いは発生しませんが、汗をかいた後には、タオルなどで拭き取り清潔に保つことは必要です。

多汗症とワキガが同じ症状と考えている方もいらっしゃいますが、脇の局所性多汗症の方にワキガの症状が見られる場合があるので、「多汗症=ワキガ」と考えている方がいます。

ワキガとは、多汗症と違い「アポクリン線」から分泌され、脇の下の汗が細菌で分解された際に、特有の臭いを生じる症状をいいます。医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれています。

ワキガの診断は、臭いでの評価も出来るのですが、本人は臭いに慣れている場合があり、他人から客観的に評する必要があります。
臭い以外では、耳垢の湿りで評価することが出来ます。ワキガの方に耳垢の湿りが確認できるため、湿っている場合はワキガの疑いが見られるのですが、ワキガで無い場合もあります。 自己評価で判断できない場合にはクリニックに相談されることをお勧めします。

ワキガと多汗症の違いについて理解して頂けたと思いますが、「もしかしたら自分も…」と気にされている方は、一度クリニックに相談されることをお勧めします。
診断の結果、ワキガでも多汗症でも無いと分かるだけでも、悩みが一つ解消され日常生活に変化が出るかと思います。

Copyright © NAGASAWA CLINIC. All Rights Reserved.