4つのワキガ治療方法

ワキガの治療方法は、臭いの原因になる「アポクリン線」を取り除くことによって、臭いを抑えることが出来ます。 治療方法も様々ありますが、アポクリン線の量によって臭いが変わってくるため、治療が異なってきます。
取り除く方法ですが、「Wトリミング法」「シェービング法」「直視下コンプリート法」「ボトックス注射法」になります。

Wトリミング法
臭いの原因である汗腺を削りながら吸引する治療方法になります。ストローほどの大きさの管の先に、小さな刃がついた機会を使用します。
脇のシワに沿って3ミリほど切開し、管の先の刃で汗腺を削り、同時に吸引をしていきます。皮膚の厚みをある程度残すため、治療後皮膚の回復が早く、経過が楽な手術方法と言えます。

シェービング法
2センチほどの刃が付いた特殊な器具で汗腺を取り除き、かつWトリミング法の器具でわきの輪郭の刃が届きにくい部分も処置が可能な非常に高い評価を得ている手術方法です。
中程度から非常に強い症状にも効果を発揮する、非常に優れた手術として評価されています。

直視下コンプリート法
ワキガ、多汗症とも非常に症状が強い方や、体格が大きくわきの範囲が広い方に効果的な方法です。
わきのシワに沿って3センチほど切開し、皮膚をめくり目で確認しながら汗腺を取り除きます。症状が重く、他院で何回か治療をされて効果がなかった方の症状を一回で完治させる方法です。

ボトックス注射法
額などの若返り治療で使用されるボトックス注射をわきに注射し、症状を抑える治療です。
治療は両わきで約5分で終了し、治療後の注意事項は何もありません。
効果は6~8ヶ月ですが、その間は症状を感じることはありません。重労働やスポーツを休めない方(建設業、警察官、消防官、自衛官、体育教師、ジムのインストラクター、プロスポーツ選手)に大変喜ばれる治療です。

「ワキガかも…」と悩まれている方の中に、衣服の生乾きや、体が不潔でワキガでは無いのに悩まれている方もいらっしゃいます。
クリニックでは「もしかしたら…」と思ってる方のご相談もお聞きしますので、相談して頂くことをお勧めします。

Copyright © NAGASAWA CLINIC. All Rights Reserved.