わきが・多汗症の総合治療|銀座長澤クリニック

わきが・多汗症のメカニズム

コンテンツ

わきが・多汗症のメカニズム

ワキガのメカニズム

わきがの原因は、アポクリン汗腺の汗が皮膚表面の細菌に分解され、ワキガの臭い物質(ワキガ物質)となり、皮脂腺の油はワキガ臭を強めます。
ワキガ物質そのものは、揮発性が少なく、そのままでは他人が臭いを強く感じることはありません。
ワキガ臭を人が感じるのは、エクリン汗腺の汗(99%水分)がワキガ物質を希釈し、体温で暖められ、揮発(蒸発)する際に「ワキガ物質」を空気中に放出「わきが物質をまき散らす」するためです。

多汗症のメカニズム

多汗症は、主にエクリン汗腺から通常よりも多くの汗を分泌するため生じる症状です。
エクリン汗腺が汗を分泌する理由は、肌に必要な水分を与える他に、体温を一定に保つ重要な役割があり、(人体が持つ「恒常性機能」の一つ)汗を多く分泌することで、汗の水分が揮発(蒸発)する際に体温を下げ体温上昇を防ぎます。
その他、緊張したり興奮したりといった交感神経の働きによっても汗を多く分泌します。
重要な役割を担うエクリン汗腺の発汗ですが、量が多いとシャツの脇の下が濡れて色が変わるなど不快な思いをすることも多くなります。


コンテンツ
メール相談 メール予約
インフォメーション
銀座長澤クリニック 案内地図 googleマップの表示

ページのトップへ戻る