わきが・多汗症の総合治療

完全無痛治療で安心|銀座長澤クリニック[東京]

完全無痛麻酔とは

「わきが・多汗症治療を受けたいけれど、痛みが心配」という不安から、手術に踏み込めない方は大変多いです。若返り手術を受けた方、または検討している方へのアンケート結果によると、90%以上の方が「痛みに不安がある」としています。たしかに、局所麻酔を患部に注射するシーンは、想像しただけでも怖いですね。そこで当院では「完全無痛麻酔」を採用しています。

手術中の痛みをまったく感じない「完全無痛麻酔」は、点滴で麻酔をすると、間もなくウトウトして4~5分居眠りをした感覚になります。その間にすでに手術は終了しており、痛みを感じることがないため本当に安心です。

手術中は緊張せずリラックスした状態でいることができ、手術終了後はすぐに目が覚めるためそのまま帰宅することができます。

治療を受ける時にもっとも心配な「痛み」を完全に取り除けるのは、麻酔の専門医でもある長澤院長が麻酔を管理する銀座長澤クリニックだけです。 手術中の痛みを感じたり、医療器具の音が聞こえるなど非常に緊張すると思いますので、無痛手術を希望する方はぜひ当院へご相談ください。

完全麻酔のメリット

完全無痛麻酔の一番のメリットは、手術を最初から最後まで完全無痛で受けられること。痛みはもちろん手術中の音も感じないため、大変リラックスした状態で手術を受けることができます。
わきが・多汗症手術を局所麻酔で行うと、患部が多量の麻酔液でふくらむため、正確な施術ができなくなります。完全無痛麻酔であれば、患部への麻酔はごく少量で済むため、正確で確実な手術をすることができ、よりきれいな仕上りとなります。
治療の内容により治療時間は10~40分かかり、その間身動きがとれずベッドでじっとしているのはつらいものです。また、局所麻酔で痛みを感じて動いてしまうと、危険なため治療が中断してしまうこともあります。居眠りした状態であれば、終始リラックスしておりますし、動いて危険ということもなく安心です。 多くの方が無痛麻酔でお受けになり、「全く痛みがなくよかった」と大変好評です。
メール相談 メール予約
インフォメーション
銀座長澤クリニック 案内地図 googleマップの表示

ページのトップへ戻る